顔ニキビ

MENU

他のどこに出来るよりも一番気になってしまうのが顔ニキビです。
化粧などで隠そうと思ってもなかなか隠しきれなくて、憂鬱な一日になった経験ありますよね…。
そんな憎たらしい顔ニキビは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が増殖することが原因で起こるんです。

 

皮脂は肌の水分バランスなどを調整してくれる大事なものです。
しかしこの皮脂がホルモンの乱れなどから過剰に分泌されてしまうことがあります。
アクネ菌が増殖したせいで炎症を起こし、腫れあがった状態が赤ニキビと呼ばれています。
この皮脂の過剰分泌により起こるニキビはTゾーンやこめかみ、鼻、頬などの毛穴で皮脂の分泌が活発な場所で起こりやすいのが特徴です。

 

また大人ニキビと言われるストレスや生理不順、内臓の不調などから起こるニキビは口周りにできやすいのが特徴です。
ビタミンBの不足で起きることもあり、顔そりや男性の髭剃りなどで肌が傷つくことでもニキビになる場合があります。
赤ニキビの段階ではニキビ跡が残ることもあるのできちんとした治療が大事になってきます。
普段から規則正しい生活を心がけながら、ビタミンや食物繊維などで内側から肌本来の働きをサポートし、肌を清潔に保つことが重要です。
放置しておくとさらに悪化してしまい、肌の修復機能を破壊してしまうこともあるので、ひどい場合は皮膚科を受診して早い段階で的確な治療を行っていきましょう。
ただ皮膚科の場合はちょっとキツめの塗り薬などを処方して一気に治そうとする医師も少なくはないので、敏感肌だなと自覚している人は一先ずエステサロンのニキビフェイシャルコースなどでナチュラルな改善をしていった方が良いかもしれませんね。