胸元 ニキビ

MENU

胸元ニキビの原因と効果的な対策方法について

顔ニキビ、背中ニキビに次いでニキビができやすいのが胸元・デコルテに出来るニキビです。
背中ニキビ同様、洋服で隠れてしまうのであまり気にする人はいないですが、胸ニキビはニキビ跡が残りやすく、色素沈着を起こしやすいので注意する必要があります。
胸ニキビはホルモンバランスの乱れが皮脂の過剰分泌を促しそれらが毛穴につまり、アクネ菌が増殖して炎症を起こすことで起こります。
胸の周りは汗をかきやすく、汗をかいた肌に汚れや古い角質が付着しアクネ菌が増えてしまうのも原因の一つです。
またボディーソープやシャンプー・リンスの洗い残しや、化学繊維の衣類、洋服に着いた汚れなどが肌に負担をかけることも原因と考えられています。
肌を清潔に保って刺激を与え過ぎない事は必ず守りながら、敏感肌用のニキビケア化粧品など使って丁寧にケアしてあげましょう!
間違っても高刺激の保湿クリームやボディスクラブなどは使用しないように気を付けて下さいね。

紛らわしい「マラセチア毛包炎」には気を付けて!

ニキビと似た症状に「マラセチア毛包炎」というものがあります。
マラセチア毛包炎はマラセチア菌と言うカビの一種が原因で引き起こされる毛穴の炎症です。
このマラセチア菌は健康な皮膚に常在している菌でヒトなら誰でも持っている菌です。この菌が異常に繁殖することによってニキビのような赤い炎症を起こします。
さらに悪化するとマラセチア菌が悪性菌となり、アトピー性皮膚炎を発症することもあると言われています。
マラセチア菌ははアクネ菌と違って対処の方法も治療法も異なるので、マラセチア毛包炎が疑われる場合やニキビケアをしてもなかなか治らない場合は皮膚科などに相談するようにしましょう。
決して軽い気持ちで自己判断せずに、皮膚科医やニキビケアをしているエステサロンなどでニキビの状態をシッカリ確認してもらって、適切な処置を取る事が大切です。