赤ニキビ

MENU

赤ニキビの原因と効果的な対策方法について

赤ニキビは、皮脂の過剰分泌や汚れなどで詰まった毛穴にアクネ菌が増殖する事が原因で起こる炎症状態の事です。
思春期ニキビに多いとされるニキビの段階で、洗顔をきちんと行い皮膚の清潔を保つ事で改善される事がほとんどです。
また洗顔だけでなく、普段の生活習慣も見直す必要があります。
不規則な生活習慣や食生活、ストレスなどがホルモンバランスに影響します。
乱れたホルモンバランスは皮脂を過剰に分泌したり、古い角質を排出しなくなったりし、毛穴を塞いでしまいます。
赤ニキビの段階になると皮膚の奥の真皮を傷つけてしまう事もあるので、正しい治療が大事になります。
真皮まで傷ついてしまうとニキビ跡と言われる肌がぼこぼこになった状態になり、肌が陥没したり、クレーターになったり、傷ついた細胞が沈着してシミなどの原因にもなります。
間違っても針や毛抜きなどで肌にダメージを与えないようにしましょう。

 

あまりにも広範囲に酷い場合は皮膚科を受診する事をお勧めします。
ただ皮膚科では強力な薬を処方して短期的な解決をしようとするので、肌の弱い人は下手すると逆に肌荒れを起こしてしまう危険性があるので要注意!
皮膚科の前にエステサロンのニキビケアコースなどを使って、ハンドマッサージなどのナチュラルなにニキビ対策を試してみると良いでしょう。

 

セルフケアの方法としては、ニキビケア用の洗顔料などを使用し、適度な皮脂を残しつつ余分な脂を落としてアクネ菌を除去する必要があります。
この時、脂を落としすぎてしまうと皮膚が乾燥を防ごうと過剰に皮脂を分泌するので落としすぎない事が大事です。
洗顔後はしっかりと化粧水などで栄養と潤いを与えてあげましょう。
乳液などは油分の少ないものを選ぶか、ニキビケア用のものを使うと良いでしょう。
赤ニキビの状態を放置しておくとさらに深刻な状態になってしまうので、なるべく早い段階でのケアを心がけましょう。