黄色ニキビ

MENU

黄色ニキビの特徴と効果的な改善・予防方法について

白ニキビ、赤ニキビの段階を通り越して、さらに悪化した状態のニキビを黄色ニキビと言います。
この黄色ニキビは毛穴に詰まったニキビが炎症を起こし、さらに膿まで持ってしまっている状態です。
化膿ニキビとも言いますが、炎症が真皮層にまで届いているためニキビ跡が残ってしまったり、肌をでこぼこにしてしまったりします。

 

また膿を持つ黄色ニキビの状態は赤ニキビよりも小さな刺激で痛みを伴う事もあります。
これはアクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌までが増殖しているためで、炎症が拡大して皮膚に大きなダメージを与えている状態です。
この状態のニキビを針などで潰してしまうと確実にニキビ跡が残ってしまうので注意!

 

だからと言って何もせず放っておくと、さらに悪化してしまう事がほとんどなので皮膚科での治療が一番確実で手っ取り早いですね。
治療法法としては外用薬だけでなく、内服薬も使って治療するのが一般的です。
まずは炎症を抑え、これ以上菌を増やさないようにする事を第一に考え菌の増殖を抑える薬を出してくれる事でしょう。
ただ、ここまで悪化したニキビの場合、たとえ皮膚科で診てもらったとしても治療が長引く事が多いです。
あまり皮膚科の先生を急かしてしまうと、針などで皮膚に穴をあけて膿(うみ)を強制的に出すと行った強行策を取られるかもしれません。
そうなると肌に傷が付いて跡が残ってしまうのは言うまでもないですよね…できるだけ焦らずゆっくりと治療するのが一番好ましいです。

 

また、黄色ニキビが出来た周辺の肌にも菌が増殖を始めているケースも多く、次から次へと白ニキビが増えてしまい必然的に治療が長引く事もあります。
肌本来の機能を修復するために、ビタミンCやビタミンEなどを積極的に摂ってバリア機能を高めていく努力も忘れてはなりません。
自宅でできる予防方法は洗顔をこまめに行い、皮膚を清潔に保つ事です。
その場合、洗顔のし過ぎで肌が乾燥しないよう化粧水などをたっぷりと補ってあげる事も忘れないで下さい。